| ホーム |会社案内 | 中古機械がたくさん菊地農機商会 |スチールメーカーSITE | 動画 ショップを見る | HP内検索
ショップ紹介

会社名
(有)菊地農機商会
インフォメーション
〒991-004山形県
寒河江市西根北町9−7
営業時間8:30〜17:30
定休日:日曜日、他
TEL 0237-84-2819
FAX 0237-84-2830
MAil stihl@kikuchinouki.net
categories
links
archives

RSS Feed Widget

オレゴンスピードカット

オレゴンさんから新しいガイドバースピードカットシステムが発売されました。

スチール用もあるとの事だったのでさっそくMS261に装着してみました!

スピードカットシステムは新型の軽量バーとソーチェンのセットの商品になります。

ソーチェンは325ピッチのためスプロケットの交換はいりません。

スチールでもMS261用のカッティングアタッチメント「チューニングキットMS261ピコスーパー」というのが発売されています。こちらは3/8ピッチのソーチェンに変えるためスプロケットの交換が必要になります。

 

ではMS261用での両者のスペックや長短所の比較です。

スチールチューニングキット

ソーチェンピッチ3/8 幅1.3mm

ガイドバー長40cm

ガイドバー、リムスプロケット、ソーチェン3本セットで価格 税別17800円

 

オレゴンスピードカットシステム

ソーチェンピッチ325 幅1.3mm

ガイドバー長 40cm、45cm

ガイドバー、ソーチェン2本セット 価格 40cm税別11000円 45cm税別12000円

 

では次に切比べ動画をごらんください。

標準バーでの撮影をわすれてしまいましたが、映像にあるツムラの37cmガイドバーピッチ325幅1.6mmが標準に近いのでそちらを比較対象にしていただければと思います。

撮影、製作はいつもご協力いただいている天心園さんです!

 

 

標準タイプよりは両者さすがに早いです。

スチールとオレゴンで比べるとスチールの方がカットスピードは速いようです。

それを踏まえて長短所を考えると

 

スチールチューニングキット 

長所 とにかく早い。カットスピード最速

短所 スプロケット交換が必要、ガイドバータイプが40cmしかない、導入コストがオレゴンより高い(ソーチェン3本付いているので実質ちょい高いくらいかもしれません)

 

オレゴンスピードカットシステム

長所 スプロケットの交換がいらない、ガイドバータイプが40cmと45cmで選べる、導入コストが安い

短所 スチールのチューニングキットよりカットスピードが遅い(標準よりはもちろん早いです)

 

標準バーと比べるとどちらも軽くて、カットスピードがアップしています。ただしソーチェンの幅がどちらも1.3mmタイプを使用しているので(標準は1.6mm)ガイドバーが薄くなる分耐久性はどうなんでしょう。それは今のところわかりません。

 

何人かの方にスピードカット使用のMS261を使ってもらいましたが、みなさんカットスピードが速いと驚いていました。

 

オレゴンスピードカットシステム←詳しくはコチラ(メーカーサイトです)

 

私はこのバー&チェン結構いいんじゃないかと思いました。来年度の薪づくりでこのバー&チェンを酷使してみたいと思います!

 

 

author:スチールショップ菊地農機, category:アイテム, 18:16