| ホーム |会社案内 | 中古機械がたくさん菊地農機商会 |スチールメーカーSITE | 動画 ショップを見る | HP内検索
ショップ紹介

会社名
(有)菊地農機商会
インフォメーション
〒991-004山形県
寒河江市西根北町9−7
営業時間8:30〜17:30
定休日:日曜日、他
TEL 0237-84-2819
FAX 0237-84-2830
MAil stihl@kikuchinouki.net
categories
links
archives
FS120、FS250新発売!
スチール刈払機に新しいラインナップです!





FS120 排気量30.8cc 1.3kw 6.3kg
FS250 排気量40.2cc 1.6kw 6.3kg

スチールの刈払機は高出力使用の場合4MIXエンジンを搭載しているのがほとんどでしたが、このFS120,250は2サイクルエンジン。
スロットルレスポンスが非常に良いとの事なので(私まだまわしていません^^;)期待してよいと思います!
高出力刈払機なので重量もありますが、ダブルハーネスが標準で付属しています。
ハンドルはおなじみのツールフリー調整ハンドル。移動時や収納時にはハンドルを縦にすれば効率がよいですね!

FS120 47,800円(税別)
FS250 54,800円(税別)

30cc以上の出力ですからそれを考えれば非常にお買い求め安い価格だと思います。
 
続きを読む >>
author:スチールショップ菊地農機, category:刈払機, 15:48
FS55C-E 新発売!
どーん!


 今年のスチール刈払機の目玉! FS55C-E 昨年発売されたFS23シーリーズは当店でもお買い求め頂いたお客様に好評でした。 ですがさすがに作り込みがすごいだけあって少々価格が張ります。 私もお求めやすい価格の刈払機をだしてください〜、と昨年から希望していたのでこれはうれしいです。 29,800円で27.2ccの排気量は凄く魅力的。 メーカーさんも自信ありの2年保障^^ 商品の詳細を知りたい方は是非当店にご来店いただいて、見て聞いてください!
author:, category:刈払機, 18:18
オススメ!
使ってみてわかりました。 刈払機FS100にブラシュナイフのコンビ、凄くいい!です。 ↑会社で使用しているFS100(31.4cc)。結構重い機種なのでDXハーネス併用。 ↑ブラシュナイフ250mm三枚刃(¥4200) FS100をチップソー仕様で使うと、どうもカバーとの間に草が絡まりやりにくかったのですが、ブラッシュナイフだと全くと言っていいほど草が絡まりません! チップソーだと土に突っ込んでしまったり、落ちている枝などにぶつかってしまうと「キンキン」音がして、なんかいやだったのですが、ブラシュナイフはお構いなしです。 極端な話し、土ごと刈り込むよう刈り方をしても(あまり良くはないとは思いますが)許される感じがします(笑) とにかくガシガシ刈れます。 砥いでつかえますし。 ただ注意しなければならないと思ったのは、ブラシュナイフの特性上、鉄板で草を叩き切るような刈り方になるので顔に草や小枝の跳ね返りが多いです。 防護マスクを併用することをオススメします。 それから果樹園地などで使う場合パイプやコンクリートなどに気を付けないと、ぶつかった時の反動がチップソーより大きいかと思われます。 とはいえ、そのマイナス面を補うに十分な手ごたえ。 FS100はブラシュナイフを併用することで最もパフォーマンスを発揮してくれる刈払機な気がしました。 そもそもヨーロッパの方ではチップソーというものは使われていないと聞きましたし。 ブラシュナイフはスチールではFS100以上の機種に推奨されています。 草を叩き切るような特性上、日本製のFS2201~2603あたりの軽量機種ではギヤケースやシャフトがもたないのだと思います。 チップソーは鋭利な刃物で切る感じですからね。 チップソーのチップが良く飛んで「もっと石に強いチップソーがないのか」と考えられている方にはぜひこちらをおすすめしたいです。 チップソーじゃなきゃチップ飛びの心配もありません。 刈払機は選びますがパワフルな草刈りをしたい方、いかがですか^^
author:, category:刈払機, 16:26
FS100とデラックスハーネス
うちの会社には果樹園がありまして、大した面積ではありませんがさくらんぼの木が10本くらいあります。 本日はそのさくらんぼ畑の草刈り作業。 いや〜伸び放題伸びてしまっていました。 うちで以前使っていたFS26が昨年度に引退になりましたので今年からFS100をニューマシンとすることにしました。 4MIXエンジン使用31.4cc。 重低音の聞いたエンジン音で(ドドドドドドッ)草刈機というよりバイクみたいです。 パワーはあるが重い、ということでデラックスハーネスとコンビで。 腕の力で振り回すと、デラックスハーネスを使っていても肩から腕にかけて疲労がたまります。 むしろ腕の力を使わずに腰で回す感じにするとかなり楽に作業できますね。 スチールオリジナルのステップハンドルに加えハンドル幅も広くパワーも申し分ないので、一回振り回すとかなりの広い範囲を刈ることができます。 おかげで作業が思ったより早くに終わりました。 草刈りは腰でやる!ですね。 草刈終了後は弱ったさくらんぼの木を伐採。 こちらはMS192で。 MS192はほんと軽くてとり回しが良いので私の中では果樹剪定作業のベストチェンソーです。
author:, category:刈払機, 17:16