| ホーム |会社案内 | 中古機械がたくさん菊地農機商会 |スチールメーカーSITE | 動画 ショップを見る | HP内検索
ショップ紹介

会社名
(有)菊地農機商会
インフォメーション
〒991-004山形県
寒河江市西根北町9−7
営業時間8:30〜17:30
定休日:日曜日、他
TEL 0237-84-2819
FAX 0237-84-2830
MAil stihl@kikuchinouki.net
categories
links
archives
MS180、MS180C-BE

2019年3月

現在お店に展示してあるチェンソーのご紹介です。

MS180とMS180C-BEどちらも排気量31.8cc、ガイドバー長35cmの商品です。

スターターがボコッと盛り上がっているエルゴスタートの説明は”MS170の記事”をご参照ください。

こちらのチェンソーもエンジンは同じものを使用しています。

価格はMS180が税別24,800円、MS180C-BEが34,800円になります。

この二台の差は上記のエルゴスタートともう一つクイックテンショナーというものがあります。

クイックテンショナーはMS180C-BEについている工具レスでチェンの張りを調整したりカバーを外したりできる機能です。

カバーを外すとこんな感じになっています。

ガイドバーに特殊なギヤが付いています。このギヤをまわしてチェンの張りの調整を行います。

こちらはガイドバー長35cmが標準仕様になります。出力がMS170より強いのでもう少しバワーのほしい方また1000円程度プラスしてもらえればガイドバー長を40cmまで伸ばせますので長いガイドバーがほしい方におすすめしています。

とはいえMS180C-BEはクイックテンショナー機能にほれ込んでご購入いただくお客様が多いように感じます。便利ですからね。

ただし超ハードにご使用なされる方にお勧めいたしません(例えば林業を職業にされている方には勧めません)。クイックテンショナーががたがたになります。私がおススメしているのはMS170同様、果樹の剪定作業やちょっとした伐木、直系〜30cm程度の木材をメインに薪づくりをされている方です。用途に合ったチェンソーを選ぶことが大事だと思います。

 

author:スチールショップ菊地農機, category:チェンソー, 16:27
MS170,MS170C-E

2019年3月

現在お店に展示してあるチェンソーのご紹介です

MS170とMS170C-Eどちらも排気量30.1cc、標準ガイドバー長30cmのチェンソーになります。

MS170が税別19,800円、MS170C-Eが税別24,800円と価格的にスチールでは一番お求めやすい商品です。

この2台のエンジンは全く同じ物を使っています。2台の間にある5000円の価格差はスターター装置この一点になります。

MS170Cと刻印のあるチェンソーのスターターが盛り上がったような造形なのがわかると思います。

これがエルゴスタート機能になります。スターターに二種類のスプリングが使われており軽い引っ張り力でスターターロープを引けます。ご来店いただければスターターロープを引き比べてもらえます。そうするとMS170C-Eの引っ張り力がかなり軽いことが実感いただけると思います。

価格は量販店などで売られてあるチェンソーとさして変わりません。これは安かろう悪かろう商品なのか?

そんなことはありません。当店ではこのチェンソーが一番売れています。

作業道具は用途によります。私は果樹の剪定作業やちょっとした伐木、〜30cm程度の丸太をメインに薪づくりをなさっているお客さまなどにおすすめしています。コストパフォーマンスの非常に良い商品です。

またガイドバー長はご希望があれば1000円程度プラスになりますが35cmでお渡しもしています。

反対側はこのような感じになっています。

チェン張りの調整ボルトはガイドバーの付け根にあります。

 

 

 

author:スチールショップ菊地農機, category:チェンソー, 14:13
MS192C-E切比べ

以前MS261を325チェンと3/8ピコチェンでの切比べ動画をUPしてくれた天心園さんが、こんどはMS192で3/8ピコミニと1/4ピコマイクロでの切比べ動画をUPしてくれました。

以前の動画→http://stihl.kikuchinouki.net/?eid=181

 

MS150などで使われている1/4”1.1mmのソーチェンをMS192に取り付けた仕様です。やはりカットスピード上がりますね!

 

 

1/4ピコマイクロはカットした後の切り口がとても綺麗なので剪定作業で使われている方からの評価が高いソーチェンです。

最近はサムライレジェンドでもこの使用のバーが発売したのでスチール以外のチェンソーにも1/4ピコマイクロが取り付けれるようになりました。薄いソーチェンですのでみなさまくれぐれも無理のなされぬよう^^

author:スチールショップ菊地農機, category:チェンソー, 18:24
エコノミーコンパクトシリーズ入荷いたしました

スチールがエコノミーコンパクトチェンソーと名付けた新シリーズを入荷いたしました。

三機種MS180、MS230、MS250

 

新発売といってもこれまで販売していたMS180C-BE、MS230C-BE、MS250C-BEのシンプルバージョンです。

クイックテンショナー、エルゴスタート、プライミングポンプが装備されていません。

ですのでリコイルはそれなりに重いです。デコンプバルブもありません。

軽いスターター全盛の時代になぜ、と思う気持ちもありますがこのシリーズの最大の魅力はなんといっても価格です!

MS180 24,800円 (31.8ccガイドバー35cm)※ガイドバー40cm可

MS230 34,800円 (40.2ccガイドバー40cm)

MS250 39,800円 (45.4ccガイドバー40cm)※ガイドバー45cm可

※価格はすべて税別

 

常識を覆す価格です。販売価格を聞いたときはとても驚きました。

スチールの40ccクラスのチェンソーが3万円代で販売されるなんて。

誤解しないでほしいのですが、これらのチェンソーは決して安く作られたチェンソーではありません。リコイルスターターは重いですが、中身はしっかりと作り込まれたスチールチェンソーです。

これまで6〜8万円台で販売されていたチェンソーのシンプルモデルです。

パワーに自信のある方!スターター重くても関係ないという方!こんなお買い得なチェンソーは他にないですよ!

 

 

続きを読む >>
author:スチールショップ菊地農機, category:チェンソー, 18:08
MS261切り比べ その2
以前MS261の切比べ動画を作成していただいた天心園さん(ブログ→http://tenshinen.blog.fc2.com/)がまたもや動画を作ってくれました!
(その1 http://stihl.kikuchinouki.net/?eid=155
今回のメインはピコ32cmガイドバーというちょっとマニアックな仕様ですw

続きを読む >>
author:スチールショップ菊地農機, category:チェンソー, 17:29