| ホーム |会社案内 | 中古機械がたくさん菊地農機商会 |スチールメーカーSITE | 動画 ショップを見る | HP内検索
ショップ紹介

会社名
(有)菊地農機商会
インフォメーション
〒991-004山形県
寒河江市西根北町9−7
営業時間8:30〜17:30
定休日:日曜日、他
TEL 0237-84-2819
FAX 0237-84-2830
MAil stihl@kikuchinouki.net
categories
links
archives
MS180、MS180C-BE

2019年3月

現在お店に展示してあるチェンソーのご紹介です。

MS180とMS180C-BEどちらも排気量31.8cc、ガイドバー長35cmの商品です。

スターターがボコッと盛り上がっているエルゴスタートの説明は”MS170の記事”をご参照ください。

こちらのチェンソーもエンジンは同じものを使用しています。

価格はMS180が税別24,800円、MS180C-BEが34,800円になります。

この二台の差は上記のエルゴスタートともう一つクイックテンショナーというものがあります。

クイックテンショナーはMS180C-BEについている工具レスでチェンの張りを調整したりカバーを外したりできる機能です。

カバーを外すとこんな感じになっています。

ガイドバーに特殊なギヤが付いています。このギヤをまわしてチェンの張りの調整を行います。

こちらはガイドバー長35cmが標準仕様になります。出力がMS170より強いのでもう少しバワーのほしい方また1000円程度プラスしてもらえればガイドバー長を40cmまで伸ばせますので長いガイドバーがほしい方におすすめしています。

とはいえMS180C-BEはクイックテンショナー機能にほれ込んでご購入いただくお客様が多いように感じます。便利ですからね。

ただし超ハードにご使用なされる方にお勧めいたしません(例えば林業を職業にされている方には勧めません)。クイックテンショナーががたがたになります。私がおススメしているのはMS170同様、果樹の剪定作業やちょっとした伐木、直系〜30cmの木材をメインに薪づくりをされている方です。用途に合ったチェンソーを選ぶことが大事だと思います。

 

クイックテンショナーなしのMS180のチェン張りの調整はガイドバー取付カバーのところについています。

附属のTレンチでナットを二カ所緩めてここを回して調整します。サイドについてあるタイプはガイドバーの根もとについてあるタイプよりもかなりやりやすいです。

author:スチールショップ菊地農機, category:チェンソー, 16:27
Comment