| ホーム |会社案内 | 中古機械がたくさん菊地農機商会 |スチールメーカーSITE | 動画 ショップを見る | HP内検索
ショップ紹介

会社名
(有)菊地農機商会
インフォメーション
〒991-004山形県
寒河江市西根北町9−7
営業時間8:30〜17:30
定休日:日曜日、他
TEL 0237-84-2819
FAX 0237-84-2830
MAil stihl@kikuchinouki.net
categories
links
archives
MS150TC-E、MS150C-E

2019年4月

現在お店に展示してあるチェンソーのご紹介です。

上がMS150TC-E、下がMS150C-Eです。

ハンドル形状が大きな違いです。

MS150TC-Eの形状をトップハンドル、MS150C-Eの形状ををリアハンドルと言います。

排気量はどちらも23.6cc、ガイドバー長は25cm。30cmまで延長できます。

 

魅力はなんといっても軽さです。バーチェン抜きの本体重量はTC-Eが2.6kg、C-Eが2.8kgとなっております。

排気量は23.6ccとエンジンチェンソーの中では小さいですが、それを補うスチールオリジナルのソーチェン”PM3(ピコマイクロ3)”が標準装備されています。

PM3は1/4ピッチ、1.1mm幅の非常に細かい目のソーチェンです。これが小さい排気量でも切れ味鋭く切断面の綺麗なカッティングを可能にしています。枝打ち作業はもちろん、当店のエリアですと果樹の剪定や接ぎ木を行う際にも切り口が綺麗だと言う事でお買い求めいただいております。

トップハンドルタイプは造園業の方や農家さんに人気ですし、リアハンドルタイプはチェンソーアートをやっているカーバさんに人気です。大会を見に行くとかなりの方がMS150C-Eを使っているように見受けられます。

それからこのソーチェンは竹を切るのにも相性がいいので竹切りをされたい方にもおすすめしています。

 

MS150はチョークが独立してついているのも特徴ですね。スチールチェンソーでは珍しい構造です。

author:スチールショップ菊地農機, category:チェンソー, 16:57